なぜダイエットに運動が必要なのか

ダイエットを成功させる鍵は、運動です。

運動というと、まず食事を見直そうとする人もいます。

しかし、適度な運動は、ダイエットとは切っても切れない関係にあります。

どうして、ダイエットと運動は関わりが深いのでしょう。

ダイエットの基本は、使うカロリー量より、補給するカロリー量を少なくすることになります。

適度な運動をするのは、燃焼させるカロリーの量を増やすためなのです。

食べたものが脂肪となって体重を増やさないようにするには、運動をして食べた分のカロリーを使ってしまうことです。

無酸素運動では糖質を、無酸素運動では脂質を使うという違いがあります。

新陳代謝の高い体質になるには、運動で筋肉をつけ、心肺の機能を向上させることです。

代謝の高い体になることによって、運動をしていない時でもカロリーを使い続ける体になれるでしょう。

せっかく運動をしても、むくみ体質や、冷え性、骨格に歪みがあるとダイエットは滞りがちです。

体のつり合いを取るためのストレッチなどを続けることで、むくみや冷えが解消され、ダイエットがしやすくなります。

適度な筋肉がつくように運動をすることで、女性として魅力的なプロポーションになることが可能です。

運動が好きではないために、体を使わないダイエットをしたがる人もいます。

毎日の運動を習慣づけることで、健康的なダイエットを実践することができるようになります。

運動をしながらダイエットをすることで、体の負担の少ない体重の減らし方ができます。

山本卓