様々なトラブルの元となる手汗

手汗が酷いと手先を使うデリケートな操作や運動にも気を使う事になります。
私も日頃から手汗が酷くて悩んでいるのですが、たまに行く長距離ドライブやフィッシングではこのせいで安全が脅かされたり、道具を壊してしまう一歩手前までいった事もあるのです。

例えば交差点の右折車線から頃合いを図り素早く曲がらなければならないケース。
手汗がべったり付いた状態でハンドルを切ろうとすると、手が突然滑ってしまい曲がり切れずにガードレールに接触寸前・・というパターンもありました。

また大好きなフィッシング時でも、ルアーを投げようとロッドを振り下ろした瞬間に手がすっぽ抜けてしまい、左手一本でかろうじて落下させずに済んだ、という事もありました。

今ではこうした反省を踏まえ、大事な場面では滑り止めのグローブを必ずはめる様に心掛けています。
肝心の手汗防止については、拳を握り込む動作を極力止め、掌を開いて常に空気に晒す様にするといった工夫をしています。

手汗を止める方法