認知症にならないために

近頃その患者数が増えてきている認知症ですが、どういった状態がこの認知症やアルツハイマーを引き起こしているのでしょうか。認知症とは脳内の細胞が様々な要因で死滅していってしまう状態から発症するケースが多いとされています。認知症自体がその死滅する要因によって大きく4種類程度に分けられます。

この病気の患者は上述の通りどんどん増えてきていて、認知症の前段階の状態をMCIというのですがこの状態の患者も含めるとおおよそ65才以上の人数の四分の一ほどもいるといわれています。すごい人数ですよね。この中には症状がまだ発症していないけどすでに病気になっているという人もけっこうな割合で含まれていて、その数をある程度予想しての人数となっているようです。

脳細胞が死滅する理由にはいくつかありますが、最も多いアルツハイマー型だと特殊なタンパク質が引き金となりそれが蓄積することにより脳細胞が破壊されていくといった状態が引き起こされてしまうんですね。このタイプの症状には女性がなることが多いといわれています。