ミラ

ニッサンと三菱との初の共同開発車として誕生したデイズ、EK。車格間の演出を狙ったエクステリアや
質感の高いインテリアが特徴。2014年12月の改良で低速域での衝突回避支援システムが導入されて、

安全装備の強化も図られた。NA、ターボ車ともCVTを採用し高い燃費性能を実現。また、厚みのアル
乗り味も特徴。快適性や質感の高さは1クラス上のレベルだ。ただ、省排気量車の余裕のなさが運転に
現れてしまう。ミライースは軽自動車で最初にJC08モード燃費で30kmの壁を破ったモデル。
その後の改良で現在は35.3km。ミラ譲りの室内はスッキリとしていて、シートはややちいさめっだが
座り心地は上々。後席は広く、足元に余裕がある。ポケッテリアは必要最低限レベルで、後席の格納は
一体型のみの仕様。商用を除く全グレードに低速域衝突回避支援システムなどの安全装備を用意し、上級
グレードにはサイドエアバッグは標準装備される。

自動車税 滞納