歩くとわかることもある。

ここ数年、健康診断でメタボを指摘され始め、なんとかしなくてはと思っている私。
とはいえ、ジム通いなどにかける時間も財力もないため、手っ取り早い方法として、歩くことを始めました。
もちろんわざわざ散歩の時間を設けているわけではありません。

今まで自転車で言っていた距離を徒歩に置き換えるだけ。
たとえばパート先に向かう時、今までは自転車を飛ばしてましたが、今は早めに出て歩くことにしています。
そうすると今まで気が付かないことが見えてくるものですね。
たとえば今までは空き家だと思っていた家に人の気配があるとか。
自転車や車でスーッと通り抜けると、そういった微妙な人の気配には気が付かないものです。
ちなみにいまだ、直接その家の住人には会ったことはないのですが、いろいろ想像して楽しんでいます。
たとえば、その空き家は物凄いボロ家なのですが、もしかしたら傷んでいるのは外壁だけで、中はリフォームされてものすごくきれいになっているのかも、など想像するのも楽しいです。
そんな妄想をしていると、歩くことも疲れないです。
http://sound.jp/car/