2017年度来年からはかなりきつい

2017年度、来年からはしっかりコストパフォーマンスを考えて運営して行くことが大切だと感じました。

産業用太陽光発電、2016年度までは、決められた単価で発電した分だけ電気を買い取ってくれ、それが20年間続くという非常に安定したシステムでした。しかし、2017年度からは、安い単価を提示した事業者から優先的に電気を買取るという入札制に変わってしまうのだとか。つまり発電ロスなどが発覚したら本当に泣くに泣けません。

太陽光発電産業用の電気買取価格は、2016年度までは一定なので、社内で遊休地やtが手物活用をしようと検討している企業は早めに見積もりを取って決断すべきかもしれません。今なら1キロワット24円で買い取ってもらえ、それが20年間続くので発電量をしっかりチェックしロスがないよう確認して行けばかなり安定した収入源になりそうですね。

何事も早め早めの決断がものを言う時代。企業も本業以外に、収入が得られる見込みがあるのであれば検討してみてもよいと考えます。

 

太陽光 産業用 見積もり