WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数帯域を同時利用する事で

UQ WiMAXではなく、KDDIのWiMAX機器として登場したSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度が370Mbps出ると言う点が強みのWiMAX機器です。


こんなに速い通信速度を出す事が出来る秘密なのですが、WiMAX 2+とFD-LTEを使用したキャリアアグリゲーションにあります。

 

この3種類の電波のCAですが、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数帯域を同時利用する事で、下り最大通信速度が370Mbpsと言う脅威の通信速度を実現出来ている訳なのです。とは言うものの、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を販売している店舗には限度がある為、選択出来るキャンペーン特典の選択肢もそんなに多くありません。→BIGLOBE WiMAX 2+ Flat ツープラス ギガ放題の料金や特徴

 

nifty WiMAXでWiMAXの申し込みを行なうと、Wi-Fiサービスを無料で利用する事が出来るキャンペーン特典が貰えます。

 

対象のWi-Fiサービスなのですが、具体的には@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類となります。

 

その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスですけども、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を使用する事が出来るようになります。
WiMAX端末が手元になくとも使用する事が出来ますし、速度制限も気にしなくて良くなりますので、凄く人気のあるサービスになってます。

前々から気になっていたWiMAXに関して調べていると、多種多様の意見があります。例えば、全然実用レベルではないだとか、そんな感じの悪い評判もあります。
ですけども、WiMAXの端末の性能は毎年上がって来ています。ですから、口コミの内容をそのまま鵜呑みにする事は出来ません。WiMAXについて口コミサイトを調べる際には、投稿日が古いほど信用性が下がると意識するようにしましょう。

WiMAXサービスを販売するプロバイダの一つに、Broad WiMAXってプロバイダが存在します。

Broad WiMAXの特性には、月額の料金が安い点が挙げられます。その分初期費用が高いのですけれど、クレジットカード払いの方は初期費用が無料になるキャンペーンが実施されています。

契約から25ヵ月目以降は業界最安値のプロバイダですから、長く契約を続ける人にとってお勧めのプロバイダです。URoad-StickはUSBサイズの軽量かつ小型のWiMAX端末で、持ち運び性が良くて便利です。

URoad-StickをUSBポートに接続することによって、給電しながら扱う事が出来ます。ややこしい設定も不要で使用出来ますから、そう言う簡便性が人気のWiMAX端末となっています。使用可能な通信回線はWiMAXとWiMAX 2+で、通信の下り最大速度としては110Mbps出す事が出来ます。
WiMAXと契約を申し込む時、色々なキャンペーン特典が付いています。特に便利なのは、公衆無線LANが利用可能になるサービスでしょう。UQ WiMAXであればUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXなら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言った感じのものです。

どのプロバイダと契約を行っても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、数多くのWi-Fiスポットと契約しているサービスとなります。WiMAXのサービスを提供しているプロバイダと、何社かあります。契約するプロバイダ単位でキャンペーンや契約内容が違いますので、その辺り、留意する必要があります。例として、出来るだけ安くWiMAXサービスを利用したいのであれば、GMOとくとくBB WiMAX 2+と言うプロバイダがお勧めのプロバイダと言う事になります。従って、選択したプロバイダによってお得感が変化しますから、プロバイダ選びは慎重に行なうようにしましょう。UQ WiMAXを購入すると、WiMAX機器しか必要ないから、屋内がすっきりします。

固定回線だと電話線とモデムと無線ルーターが必要で、その間をケーブルで結ぶ必要があります。
モデムは月々レンタル料が必要で、月額使用料金に追加課金されます。

手段としては、モデムに無線カードを差し込む事も可能ですけど、無線カードを使用する場合はレンタル料を取られてしまいます。

 

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションを実装して、初の下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAXの端末として登場しました。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が登場した当初はキャリアアグリゲーションに対応している地域は限定的でしたが、今は対応エリアが拡大しています。

 

そして、au 4G LTE対応はHWD15から受け継ぎ、広いエリアでの通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。当然の事ですが、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う専用の充電台にも対応していて、充電しながらのインターネットにも対応しています。Speed USB STICK U01はUSBタイプのWiMAX機器で、下り最大通信速度が220Mbps出る点が特徴のWiMAX機器です。

その仕組みは2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を同時に利用する事で、今までの倍の通信速度を出す事が出来るキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。
加えて、Speed USB STICK U01と言うWiMAX端末はau 4G LTEと言う通信回線にも対応していますから、人口カバー率99%と言う広大な通信エリアを利用する事が出来ます。

 

Speed USB STICK U01はバッテリーを機器内に装備していませんので、USBポートから常に給電しながら使用するタイプのWiMAX端末となります。モバイルのインターネットサービスは、WiMAXのようなサービスが色々存在します。具体的に言えば、速度制限無しが強みのぷららモバイルLTEがあります。このサービスに速度制限が無いと言うのは間違いありませんが、下り最大通信速度はわずか3Mbps程度です。
ぷららモバイルLTEの通信速度は、速度制限時のWiMAXよりも遅いです。

従って、速度制限が無いと言うウリ文句ではありますけれども、WiMAXを例に出すとすれば、ずっと速度制限が掛かっているのと変わりありません。
WiMAXサービスの中で、最もサポート関連がしっかりしているのはUQ WiMAXでしょう。WiMAXサービスに対して情報を最も持っていますし、トラブル時の対応も最も迅速かつ的確で、電話サポートの受付け時間も最長です。
ですが、UQ WiMAXはその代わりにキャンペーン特典の内容が今ひとつなので、代理店と契約を行なうと言う方法もあります。代理店だとキャンペーン特典がある程度充実してますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用すると言う良いとこ取りが出来ます。近年のWiMAXサービスと言えば、au 4G LTEと言う通信回線に対応しているWiMAX端末もラインナップしています。
au 4G LTE通信はauの基地局から発せられる通信回線を使用し、日本の人口カバー率99%を超える、非常に繋がりやすい通信回線なのです。

800MHzと言う低周波数域を使用したプラチナバンドで、物質があっても貫通したり回り込んだりして、奥まった位置にも電波が届きやすいのです。
従来のau 4G LTE通信の下り最大通信速度は75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsと言う高速通信に対応した地域や、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも拡がって来ています。

WiMAXサービスを利用していて思うメリットは、いくつか思い浮かびます。

まず思い浮かぶのが、モバイル回線って事で、任意の場所からインターネットアクセスが可能な点が挙げられます。

 

次いで、モバイルのネット通信ですから、ウェブ通信を行なう為の回線工事は必要ないです。

また、モバイル通信と言う事で、月々の負担額が減ると言う利点もあります。また、料金プランによっては7G制限が無いと言う部分も、なぜWiMAXを選ぶのかと言う理由になります。UQ WiMAXサービスの醍醐味は、通信制限が厳し過ぎないと言うところにあります。
他のモバイルインターネットサービスだと、帯域制限が恐ろしくて映画など視聴出来ません。平気な事と言うと、5分程度の動画を数日に一回程度観る位でしょう。ですが、WiMAXならば堂々と映画が観れますし、一日中ネット放送を流しっぱなしにしても平気です。周知の通りWiMAXには速度制限がありますが、言われているほどハードなものではありません。ギガ放題プランに申し込めば、ハイスピードモードに対する月間データ量による速度制限がないです。

 

また、混雑回避の為の速度制限も、他社モバイルインターネットサービスの3倍の通信量を利用する事が出来ます。速度制限の時であっても、動画の視聴が可能な通信速度は維持されます。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後継機として登場したWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15って言うWiMAX端末です。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持つ大きな特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三つの通信回線を使い分ける事が可能だと言う点が挙げられます。

Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う機能に対応して、従来のWiMAX端末のWiMAX通信と比較すると、一回りくらい広いエリアでの通信に対応しています。加えて、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う専用の充電台に対応したところが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14との大きな違いと言えます。

WiMAXサービスに申し込んだ事で、私の日常は一変しました。
一番変化が大きかった事は、スマートフォン通信で7G制限に気を取られる必要がなくなりました。Wi-Fiテザリングを使用してWiMAX端末でインターネットをするので、スマホの通信量は消費しなくなった訳です。

そんな事から、スマートフォンサイトに動画が埋め込まれている場合であっても、ヒヤヒヤせず普通に視聴出来るようになりました。

 

URoad-Home2+はホームルーターとして製造されたWiMAX端末で、バッテリーを内蔵していないので、使用目的は室内利用だけに限られています。ただ、可動式の高利得アンテナが外部に取り付けられていて、受信性能の高さがウリの一つとなっています。

合わせて、一度に16台もの機器をWi-Fi接続出来る上、2台の機器を有線で接続する事が可能です。

更に、WiMAX通信だけを利用するノーリミットモードに対応していますから、通信制限を気にせずインターネットを利用する事が可能です。WiMAX機器は、次々と新しいものが発売されます。それぞれによって性能が異なり、利便性も違います。その中においても驚いたのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の登場でしょう。

 

このWiMAX端末はau 4G LTE通信に対応し、当時はまだ不十分だったWiMAXの通信エリアをカバーする事が出来ました。WiMAXのサービスを利用する際は、速度制限に注意しながら使用する必要があります。

他のモバイルインターネットサービスと比べると、そんなにWiMAXは厳しめな速度制限を設定していません。

とは言っても、速度制限が適用されるケースもありますから、どう言った場合に速度制限が掛かるのかを知っておくのは重要です。

 

でも、万が一速度制限に掛かってしまっても、使えないと言う程インターネットが遅くなる事はありません。

電器屋さんで、光回線を店員からお勧めされました。
既にWiMAXを使っている私ですし、無論、光回線に対して必要性を感じていません。

と言う事で、断りの意思を伝えたのですが、考えてなかった返事を貰いました。
WiMAXだったら、天気が荒れてる時の受信は落ちるでしょう?でも、これまで3年間WiMAXを使用して来た上で、WiMAXが天候に左右されると言う経験は一度もありません。大雨が降って停電になった日もありましたが、WiMAXの通信環境に影響を与える事はありませんでした。WiMAXサービスを提供するPEPABO WiMAXと言うプロバイダには、通常3種類のプランがあります。28000円の高額な現金キャッシュバックが貰える通常プランとか、月々の料金が低価格な通常プランとなる月額割引プラン。
その他、ギガ放題プランを2年間通常プランの月額料金で利用出来る料金プランがあります。随時、更に月額料金の安いタイムセールと言う料金プランも登場する事がありますけど、こちらはいつもある料金プランと言う訳ではありません。

 

UQ WiMAXサービスを契約すると、その機能性の良さにビックリさせられます。
私がWiMAXと契約後に感じたのが、速度制限がそんなに厳し過ぎないと言うところです。

自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの乗り換え組なんですが、帯域制限のせいでイライラする状況が無くなりました。

 

UQ WiMAXにも速度制限はありますけれど、ギガ放題プランで契約すれば気にするレベルじゃ無くなるのです。WiMAXサービスの魅力としては、インターネットアクセスを無線通信で行なう事が出来ると言う特性にあります。
無線を使用しますから、どんなトコからでもインターネットアクセスが利用可能となります。加えて、WiMAX機器は小型ですので、持ち運びに向いています。

 

そう言う部分を考慮すると、タブレットとの組み合わせが良いです。
と言う事なので、WiMAXの契約の際にタブレットとのセットを購入するのも良いでしょう。
UQ WiMAXサービスには色々な契約プランがありますけど、25ヵ月間の契約が一般的です。なぜかと言えば、25ヵ月間継続の契約を行なう事で、25ヵ月間の月々の料金が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付いて来るからです。そして、契約から26ヵ月目以降になると長期利用割引が適応になるので、最後には、ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを継続利用する事が出来ます。

 

500円と聞くと高額な金額ではありませんけど、割引きは毎月の事ですので、お得感はどんどん積もり積もって大きくなります。
WiMAXを利用する際、注意すべき速度制限は二種類あります。ひとつめが、月間データ量による速度制限、俗に言われている7G制限って呼ばれているものです。次いで、混雑回避の為の速度制限と呼ばれるものがあります。
ギガ放題プランへ申し込むことで、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は免除となります。

ただし、混雑回避の為の速度制限は適用となります。

WiMAXサービスを運営しているプロバイダの中でも、評判のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+が挙げられます。

GMOとくとくBB WiMAX 2+は色々なキャンペーンを行っていて、そのラインナップの多さも評判の秘密です。

ただ、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選択される一番の大きな理由は、業界最高額のキャッシュバック特典が挙げられます。更には、サポート体制もしっかりしてるので、そう言った点が人気を支える大きな部分となっているのです。

WiMAXサービスの月々の利用料金ですけど、実を言うと、契約先で金額が異なります。例えば、Broad WiMAXの場合、初めに高額な初期費用が掛かる代わりに、契約期間中は月額料金が値下げされます。なお、GMOとくとくBB WiMAX 2+やRacoupon WiMAXは月額料金が非常に安いですが、申し込み25ヵ月目の月額料金は高額になります。こう言う感じで、各契約先によって月額料金に特徴がありますから、それを分かった上で契約先を検討しましょう。Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02と言うWiMAX端末は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりバッテリー消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。なぜかと言えば、Speed Wi-Fi NEXT WX01で導入された4×4MIMOは通信速度が二倍になるメリットがあるものの、バッテリーの消費が著しかったからなのです。

そう言う理由から、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる仕様になる、バランスモードと呼ばれる機能が新たに導入されました。

そして、三日間の通信使用量が表示される機能が新しく搭載され、混雑回避のための速度制限に対する対策が取りやすくなりました。