昔話では、雨になると織姫彦星カップルは天の川の水かさが

上がってしまうため橋を渡れずに会えない、という説が多いですが、他の国に聞くと雨が嬉し涙を表すので二人は必ず会うことが可能だとしている国も存在します。
七夕は梅雨の最中にすぎるものなので、その日に雨が降る場合はしょっちゅうなので雨でも会えるならいいですよね。
笹の葉を用意して短冊に叶えたい希望を書いて吊るすのが一般的な七夕です。
短冊に書くお願いはどういうことでも構いませんが、おおもとは美しい字をかけるようになりたい、という考えから短冊が飾られるようになったのがきっかけです。
もう少し上手に字が書けたらいいな、と考えているなら、短冊に書く文字はこれまでよりずっと一文字、一文字書くようがんばってください。
七夕の日に食べるなら、よいのがそうめんです。
平安時代というずいぶん前からたくさんの人が食べてきたそうめんですが、その日にそうめんを食べた人は病気にならないという説があります。
夏は暑い日ばかりなので、そうめんを食すれば現実においしく楽しむことができますから、夕食をそうめんにして夜を過ごすことをおすすめします。

引っ越し業者激安