リンパ節を冷やして脇の匂いや脇汗の対策を図ろう

脇汗をかかないようにするには、リンパ節を冷やしましょう。
リンパ節を冷やすと、あまり脇汗をかかなくなります。
リンパ節は首の後ろや太ももの付け根に有って、膝の裏や鎖骨付近も該当しています。
このリンパ節には血管が集まっているので、そこを冷やすことにより温熱性発汗による脇汗の排出を抑えてくれるんです。
温熱性発汗というのは体温が上がったことで汗が多量に出る事で、汗をかく原因として最も多いです。
ですから体を冷やして体温を下げる事により、汗をかく原因を止める事が出来ます。
なので脇汗が気になる人は、リンパ節を冷やして下さい。
ちなみに脇自体にも、リンパ節は通っています。
なので脇汗が気になる時のも、冷やして熱をコントロールする事が楽に出来ると思います。
なので定期的に、肌を冷やしてみましょう。
ちなみに冷やす時間ですが、汗をかきそうだと思った時に行うのが良いでしょう。
例えば暑い夏に外出したら、誰だって汗をかくことが想定されますよね。
汗をかきにくい体質の人でも少しは汗が出るくらいですから、汗っかきさんなら尚更です。
なので家をでるまえに、冷却シート等で冷やすのです。
そうすればその日1日、脇汗も匂いも特に気にする事なく過ごせるでしょう。

ディズニーランド 夜行バス 大阪