足汗の原因って?

靴、靴下、ストッキングを長時間履いていたら汗をかくのは当然のことです。でもなぜ汗が出てしまうのでしょうか?

汗は体液を分泌させる汗腺と呼ばれる外分分泌によって出てきます。足の裏にある汗腺はエクリン線と呼ばれていて、特に手の平や足の裏に多く存在しているので、少しでも温度が上がったりすると汗を一気に大量にかいしてまう場所なんです。

手の平であれば何かに覆われていることがないのですぐに蒸発して臭いが発生することがほとんどないですが、足に関しては靴、靴下、ストッキングで覆われているので汗が溜まりやすく蒸れやすいんです。また、緊張たストレスも汗をかく要因のひとつで、手の平に汗をかいているときは同時に足の裏にも大量の汗をかいています。そしてその汗が蒸れてしまうと、足の裏から独特の臭いが発生します。
なぜあの独特なアンモニアや納豆のようないやな臭いが足からするのでしょうか?そのの原因は疲労臭とイソ吉草酸が原因なのです。ただし特に病気というわけではないので心配はしなくて大丈夫です。

足サラ