女子のカテゴリー

 私は一昨年結婚しました。

20代のうちに結婚し、20代のうちに1人目の子供を産むという計画を自分なりに立てていましたが、なかなか思い通りにはいかないものです。

 結婚してからというもの、つくづく女子は同じ種類、同じ環境に置かれている人と一緒にいることを好むなと感じるようになりました。

学生時代からの独身の友人とたまに会いますが、だんだんと話す内容もなくなって来て、なんだか一緒にいてもつまらないとか思うようになってきました。

子供が欲しい時に簡単に授かることができないということ、それは独身の子には分からない気持ちなのです。

 女子という生き物は常に共感してほしい、同調してほしいというのが本能なように感じます。

同じ境遇の人たちと固まって、安心したいのでしょう。

悔しいですが、私もその代表的な女子の一人。

もう、女子という年齢でもなくなってきましたけどね。

 最近、同じように子供を希望している既婚友人と一緒にいることが楽しく感じるのです。

 そう、女子の「既婚子なしのカテゴリー」に私は属しているのです。

宇都宮で脱毛するなら口コミで評判のところに