ポテトチップスが品薄になっていた

スーパーに行ったら、ポテトチップスの棚ががらんとしていました。まったくないわけではないのですが、明らかに空きが目立ちます。スーパーの棚と言えばいっつもぎゅうぎゅうに商品が詰め込まれているイメージなので驚きました。

ジャガイモの不作が原因でポテトチップスが製造できなくなっているというニュースを身近に実感しました。もしかしたら、値段も上がるんでしょうか。ポテトチップスは普段食べないのでわたしには関係のない話なのですが、ジャガイモ不作で大損害をこうむったであろう農家の方たちのことを考えると悲しい気分になりますね。

そういえば、アルダクトンAとロキソニンの相性はあまりよくないらしいです。それぞれの薬の効き目が悪くなってしまうようなので、併用しないよう気をつけたいです。くわしくは、アルダクトンAとロキソニンの相性について解説したサイトがあるので見てくださいね。

私は現在飲食店で働いており、毎日閉店業務を行っています。そこで今回は、閉店業務のいい所と悪い所について書いていきたいと思います。まず、いい所は閉店してからはお客様が来ないため、比較的落ち着いて仕事ができるということです。お客様に声をかけられたりすることがないため、自分の仕事に集中することができます。

悪い所は、終わるまでは帰ることができない点です。いつもより混雑したり、何かトラブルがあったりすると、仕事が長引いてしまいます。しかし、閉店業務を行うのは自分達しかいないため、途中で帰ることはできないのです。そのため、帰りがかなり遅くなることもあります。このように、閉店業務にはいい面も悪い面もあるのです。