包丁が切れ止む事への違和感。

家庭では当然、調理師ならなおさら、包丁が切れ止む事に違和感を覚えますよね。シェフや板前でしたら、ご自分で効率よく研ぎあげ、磨く事が出来るでしょうが、一般家庭の女性ではご自身では研ぐ事が出来ません。

最近は、スーパーや100円均一などですら簡単研ぎ機が売られており、研ぎ後少しの間は、それなりには使えるのですが、その効果はすぐ無くなり、切れ味は元の状態よりも悪くなるほどです研いでは直ぐに切れやみ研いでは切れやみの繰り返し、気づけば包丁なのか鉄の板なのかわからないほど。一般的な家庭の主婦たちは、砥石なんか買わずにタウンページやインターネットで包丁研ぎ師を探す他ないのです。しかし町の研ぎ屋さんではグラインダーなどで包丁をガタガタにされてしまいますし、素人以下の研ぎ屋さん、金物屋も少なくありません、本物の手で研ぐお店を探し出してください。何の包丁で何を切るのか、何の鋼材なのか、右利きなのか左利きなのか、大抵いえて使われているの諸刃の三徳包丁です。

そおゆう事をしっかり考えれる知識、その刃物のに適当な研ぎを出来る技術、家から通える範囲、高すぎない料金、個人で探すにしてはハードルが高すぎますね。更には自分の包丁が研ぎに出すレベルの物なのか思い入れがあるのか色々考える必要がありそうです。包丁,はさみ,刃物研ぎ,研ぎ陣谷中銀座店,東京,台東区,荒川区,文京区,谷根千