闇金への返済義務について

借りたお金は返すのが人ととして当たり前だと思うんです。それが闇金だとしてもね。

だけど、本当に返せない状況になったとしたら・・・どうしたらいいのでしょう。

結論からいうと、闇金融への返済義務はありません。

もともと、お金を貸す時点ですでに違法であるからです。

そのため、違法な営業をしている相手に対して返済をする必要はありません。

では、どういった点が違法なのかというと、ひとつめは金融庁に貸金業としての登録をしてない点です。

貸金業として業を営む者は、金融庁に貸金業の登録をしていなければなりません。

登録すると貸金業登録番号が交付されています。

金融会社の広告などを見て、登録番号が記載されていなければ、無許可で営業をしていることになります。

番号が書いてあったとしても、適当に表示されている場合もありますので、その場合は金融庁のホームページで、貸金業として登録されている期間を検索することができますので、番号や会社名に検索することができます。

検索した結果でてこなければ闇金だということがわかります。

2つめは、違法な金利です。

貸金業法では利用限度額に応じて15%~20%を上限金利としています。

この金利をはるかに超える金利で融資を行っている場合は、違法な金利で貸し付けを行っていることになります。

しかし、高金利だからといってどこも貸してくれるところがなく闇金融を利用してようやく借りれたわけですから、助けてくれたということもあるので返済しなければと感じてしまいます。

しかし、返済を続けても違法な高金利なので返済が終わらないのです。

取り立ても厳しくなります。

返済義務はないですので、その場合は司法書士や弁護士に相談をすることです。詳しく調べたい方はこちら>>>>>闇金相談は警察で対応してくれる?