デイトレの攻略方法

株のデイトレのイメージってモニターを12個くらいくっつけて、なんだかよく分からない数字の羅列とグラフを見ているみたいなイメージがありますよね。数字がいっぱい出ている画面があったらそれは、板情報というものです。 買いたい人と売りたい人の注文が合わさって株価が決まるわけで、その注文状況がどうなっているかを見ることができます。ただ、東証にアローヘッドというシステムが導入されてから、プログラムによる売買が増えて超高速注文が多くなり、1円差で売り買いするようなスキャルピングは難しくなってきています。   ただ、板読みの技術を習得することができれば、チャートのだましに会いにくくなります。板読みができるようになると、チャートには現れない投資家心理を読み取ることができるようになり、勝率を上げることができるようになります。一般的なデイトレーダーで板読みができる人ってそんなにいないと思いますから、板読みトレードテクニックを身につけると、かなり有利になるでしょう。   FXと株のデイトレの違いで一番大きいのが、板情報の有無といえるでしょう。FXは売買量が多すぎますし、そもそも相対取引なので正確な板情報を得るのは難しいといえます。