虫歯の危険性と防止策

虫歯というのは歯に起きる病気のことだ。

しかし、原因するのはミュータンス菌と言われる菌が原因である。この菌が歯に付着することで食べ物などから糖を摂取し酸をだすことで歯を脱灰させ穴をあける。だが、基本的に口の中には唾液がありミュータンス菌が付着しても唾液で洗い流してしまうので付着することが限りなく少ないという。ではなぜ歯に菌が付着してしまうのだろうか。そう、プラークと言われる歯垢が問題だ。歯垢と言うのは粘り気があり歯の表面に付着しやすい、歯磨きでキレイにできていないと歯石化して歯ブラシでは到底とれるものでは無くなってしまう。このプラークこそがミュータンス菌を定着させてしまう原因です。このプラークを貯めずにキレイにできていれば虫歯菌であるミュータンス菌は定着できずに虫歯になることは限りなく少なくなることでしょう。虫歯菌そのものを口の中で予防できるのがさらなら予防策につながるわけです。最近は便利になりこんな歯磨き粉があるそうです。ブリアン歯磨き粉