化粧水でプルルンは要注意

女性ならお風呂上がりや洗顔の後ほとんどの方が使うであろう化粧水。特に年齢が加算されていくと肌の保湿を維持するためにも使われます。ところがこれが肌に悪影響を与えているとしたらどうでしょう?

最近の化粧水を見ると、保湿効果が高い、浸透力がアップでプルルン肌、というような宣伝文句がありますよね。女性としては心くすぐられ思わず購入をしてしまうと思いますが、実はこの保湿効果の高さや浸透力の高さが肌には怖いことだったりするのです。

そもそも水と油が混ざり合わないように、肌にも外からの異物を簡単には体内に入れないためのバリアゾーンというものがあります。

本来肌には、肌本来の水分が蓄えられています。生活習慣の乱れやストレスなどでこのバリアゾーンの機能が衰えていくことで乾燥肌になったりするのですが、もう一つの原因が化粧水。

化粧水には合成界面活性剤という成分が含まれており、これはバリアゾーンを破壊する成分なのです。これにより化粧水の成分が皮膚内に浸透するということなのですが、バリアゾーンを壊すことで、結果的には肌に悪影響を与え、老化を促進することにも繋がります。女性にとっては怖い話ですよね。

化粧水 肌に合わない