転職などで引越ししようと思ったらチェエクしよう

今度の話は、フォン・キュンハイムは帝王で、M5はこのために作られている。すばらしい足りだが、ときには『ああ、クソ!』という要素もある。

足りごたえのあるイタリア製のスーパー・スポーツカーにもあるようにのは緊張したサラブレッドではないのだ」ここにいるだろう。ランボルギーニの製品について語るとき、馬力やギヤボックスや、ときにはステアリング比について少々踏み込むことを避けるのは、モーツァルトやミケランジェロについて語るとき、前者なら拍子や音高の、後者なら筆のタッチや絵の具の配合や彫刻の技術の話を避けて通るようなものだ。ランボルギーニはほかの自動車メーカー以上に、少なくとも四〇年にわたって、つねに運転の楽しさを追い求め、そのことを至上の目的とする組織に支えられてきた。何をするにせよ、それは楽しくなければならない。ランボルギーニがこれほど一貫しているのは、これほど称賛を集めるのは、この一点につきる。原則に忠実なのだ。