コンパクト対決

日本人のアシとして絶大な人気を誇るコンパクトカークラス。エンジンのダウンサイジング化や
ハイブリッドなど盛り込まれる技術も多彩で選ぶ楽しみも増してきているが、最近の注目株
と言えば、このクラスに初のクリーンディーゼルを持ち込み、スタイルとインテリアも相当に
頑張ったデミオだろう。XDツーリングLパッケージはソウルレッドのカラー代も含めて
204万1200円。で、今回はこの優等生デミオに対抗できるくらい、強いインパクトを持った
Bセグメントのライバルを集めてみた。まずヨーロッパ代表としてチョイスしたのが
ルノー・ルーテシアだ。ルーテシアといえばモータースポーツ部門のルノースポールが
足回りやエンジンを手がけたR・Sが有名だが、実はノーマルモデルのできばえにも定評がある。
今回試したのはルーテシアのメインエンジンである4気筒1.2リッターの、ダウンサイジング
直噴ターボを搭載した上級仕様のインテンス、価格は244万8000円だ。ボディとインテリアカラー
ホイール色を4通りからのコーディネイトから選べるシャレ心がいかにもフランス社っぽい。

マーチ 新古車